トピックス

再凝集、性状の変化を防止 (フィルミックス®:2011年12月掲載)

フィルミックス®を使用すると、再凝集を防止できるため、放置しても性状が変化し難く、安定に保存する事が可能になります。

このトピックスでは、再凝集が起きやすい金属酸化物について説明します。
ある金属酸化物を当社フィルミックス®と、一般的な分散機であるビーズミルで比較しました。 分散直後の粒度分布を以下のグラフに示します。 フィルミックス®は、ビーズミルと同等レベルの微粒化が可能であることがわかります。


図1 ビーズミル処理

 図2 フィルミックス®


ビーズミルで分散してから3日後の粒度分布データは、分布が2山になっており、細かい粒子が減少し、大きな粒子が増加しています。 つまり、再凝集が起きている証拠です。 これに対してフィルミックス®では、1年後確認したところ、再凝集は確認できず、分散直後と同じでした。

ビーズミルで分散したものは、再凝集があるので、後工程に悪影響を及ぼすことがありますが、 フィルミックス®で分散したものは、再凝集を防止できるため、影響を最小限に抑えることができます。

かくはん塾
トピックス
新しい攪拌技術フィルミックス®
再凝集、性状の変化を防止
可溶化まで可能!!!
シャープで容易な粒子設計
粒子球状化
60年の実績ホモミクサーMARKII
高粘度にも対応!
ラボ・リューションによる可溶化®
粉体の分散にホモディスパー
真空乳化装置/システム
文系でもわかるシリーズ
文系でもわかる乳化
文系でもわかるレオロジー
文系でもわかるフィルミックス®
文系でもわかるクリアスタア®
文系でもわかるCDMプロセス

HOME > かくはん塾 > トピックス > 再凝集、性状の変化を防止

ページの先頭に戻る