トピックス

超高速乳化分散試験装置「ラボ・リューション®」による可溶化 (2013年7月掲載)

ラボ・リューション®は、最低速 500r/minから最高速 22,000r/minまでの広範囲にわたる回転制御を可能にしました。従来は16,000r/minであった最高回転数が、アップしたことで、今までにないデータ採取も可能となりました。
その顕著な事例として、攪拌部にホモミクサーを使用した可溶化の事例を紹介します。

試験装置;ラボ・リューション® , 攪拌部ホモミクサーMARKII
Sample;イオン交換水 , 乳化剤 , オレンジオイル

結果;

22,000r/min 16,000r/min
22,000r/min
16,000r/min

60年以上の実績を持つホモミクサーですが、より高速で攪拌を行うことで、従来とは大きく異なる結果が見つかることもあります。

かくはん塾
トピックス
新しい攪拌技術フィルミックス®
再凝集、性状の変化を防止
可溶化まで可能!!!
シャープで容易な粒子設計
粒子球状化
60年の実績ホモミクサーMARKII
高粘度にも対応!
ラボ・リューションによる可溶化®
粉体の分散にホモディスパー
真空乳化装置/システム
文系でもわかるシリーズ
文系でもわかる乳化
文系でもわかるレオロジー
文系でもわかるフィルミックス®
文系でもわかるクリアスタア®
文系でもわかるCDMプロセス

HOME > かくはん塾 > トピックス >超高速乳化分散試験装置「ラボ・リューション®」による可溶化

ページの先頭に戻る