トピックス

粉体の溶解、ダマの解砕で大活躍!「ホモディスパー」 (2013年10月掲載)

ホモディスパーは粉体の溶解、ダマの解砕・分散が得意な攪拌機です。羽根が高速回転することによって粉体を液体中に巻き込むと同時に、羽根のカッティング作用で凝集物の微粒化分散や溶解を行います。

  図1 液流動の様子 図2 ホモディスパー
  図1 液流動の様子 図2 ホモディスパー
図1 液流動の様子
図1 液流動の様子

  図2 ホモディスパー
図2 ホモディスパー

一般的なプロペラやタービンなどの攪拌機は液流動は大きいが剪断力が弱いという特徴を持っているため、粉体の凝集物の解砕に時間がかかります。ホモミクサーのような剪断型の攪拌機は タービン・ステータ部に大きなダマを吸入できないとともに、下から上に流動するフローパターンが粉体の巻き込みに適していません。
ホモディスパーの適度な剪断力と渦を形成するフローパターンが粉体の巻き込みを伴う攪拌操作に適しています。

【事例】増粘剤の溶解
  攪拌下のイオン交換水に増粘剤を投入する。
  ホモディスパー、ホモミクサー、プロペラミキサーで同じ時間攪拌し分散性を比較する。

■結果
  1分で投入完了してから30秒後に状態を確認したものが図3の比較写真です。
  ダマの有無の違いでホモディスパーが粉体の巻き込みを伴う攪拌操作に適していることが分かります。
  プロペラミキサーは剪断力が弱くてダマを解砕するのに時間がかかるため大きな白いダマが数多く残る結果でした。

ホモディスパーにて攪拌した結果 ホモミクサーにて攪拌した結果 プロペラミキサーにて攪拌した結果
ホモディスパー ホモミクサー プロペラミキサー
図3 分散度合いの比較
ホモディスパーにて攪拌した結果
ホモディスパー

ホモミクサーにて攪拌した結果
ホモミクサー

プロペラミキサーにて攪拌した結果
プロペラミキサー

図3 分散度合いの比較

攪拌機も適材適所。目的に合った機種の選定が効率的な攪拌につながります。

かくはん塾
トピックス
新しい攪拌技術フィルミックス®
再凝集、性状の変化を防止
可溶化まで可能!!!
シャープで容易な粒子設計
粒子球状化
60年の実績ホモミクサーMARKII
高粘度にも対応!
ラボ・リューションによる可溶化®
粉体の分散にホモディスパー
真空乳化装置/システム
文系でもわかるシリーズ
文系でもわかる乳化
文系でもわかるレオロジー
文系でもわかるフィルミックス®
文系でもわかるクリアスタア®
文系でもわかるCDMプロセス

HOME > かくはん塾 > トピックス >粉体の溶解、ダマの解砕で大活躍!「ホモディスパー」

ページの先頭に戻る