Mixing Vision 2020

攪拌技術セミナー Mixing Vision 2020 開催概要

 

日時 : 2020年11月10日(火) 10:30〜16:15
形式 : オンライン(ライブ配信)

 

受講料 : お一人様2,000円(消費税込)
定員 : 300名 
主催 : プライミクス株式会社 乳化分散技術研究所®

 

プログラム

10:00〜 オンライン配信開始

 
本番30分前よりご視聴をご確認いただけます。ご視聴にはネットワーク環境が大きく影響いたします。できる限りネットワーク環境の良い場所でのご視聴を推奨させていただきます。


10:30〜12:00 セッション1(90分)

電気化学に造詣の深い神戸大学の水畑先生に、電池デバイスの中で起こっている電気化学反応について基礎からご講演いただきます。

 

 

■多孔性材料におけるイオン伝導
〜電気化学デバイス内の電解液は通常の(バルク)電解液と如何に異なるか?〜

【講師】
神戸大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 教授 博士(理学)
水畑 穣(みずはた みのる)先生

エネルギー密度の向上が求められている電気化学デバイスにおいては、一般に反応場である活物質を高密度で充填されている。固相間隙における電解液は固相界面による電気二重層が重畳しており、古典的にはDLVO理論などで解釈されている。しかしながら、実際に用いられる電解液濃度は高濃度であり、分子論的な解釈が欠かせない。本講演では、固体間隙における電解液中のイオン移動や電気化学反応に与える影響についてどのように理解すればよいかを講述する。


12:00〜13:00 休憩


13:00〜14:30 セッション2(90分)

HSP値の研究における日本の第一人者である関西大学の山本先生に、Hansen溶解球法の概説および溶媒中での微粒子の凝集、分散性評価についてご講演いただきます。

 

 

■溶解度パラメータ(HSP値)を用いた微粒子・ナノ粒子の凝集・分散性評価
〜Hansen溶解球の応用による微粒子表面のHSP制御技術〜

【講師】
関西大学 理事 大学院理工学研究科 研究科長 環境都市工学部 学部長 教授 博士(工学)
山本 秀樹(やまもと ひでき)先生

J.H.Hildebrandが正則溶液理論の研究において定義した溶解度パラメータ(Solubility Parameter:δ[J/cm3]1/2)は、物質(気体・液体・固体)の凝集エネルギー密度の平方根で示される物質固有の物性値であり、SP値として一般に知られている。C.M.Hansenは、Hildebrandが提案したSP値の凝集エネルギーの項を、それぞれの物質の分子間に働く相互作用エネルギーの種類によって分割し、SP値を、分散力項(δd)双極子間力項(δp)、水素結合力項(δh)として表し、Hansen溶解度パラメータ(以下:HSP値)として提案した。筆者らは、微粒子・ナノ粒子表面のHSPを測定する新しい技術を開発し、TiO2、SiO2などの微粒子・ナノ粒子表面のHSP値を実験的に求めることができるようになった。この方法を応用することで、微粒子表面のカップリングの影響がHansenの提案する3Dグラフ上で評価できることを報告した。本講演では、Hansen溶解球法の概説および溶媒中での微粒子の凝集・分散性評価について提案する。


14:30〜14:45 休憩


14:45〜16:15 セッション3(90分)

高せん断ミキサーおよび各種プロセス機器の性能評価やスケールアップを研究している株式会社明治の神谷先生に、生産現場の経験を踏まえたCAEの活用例をご講演いただきます。

 

 

■食品をより良く「混ぜる」ための新しいチャレンジ
〜CAE活用による性能評価、スケールアップ、装置・運転条件の最適化事例〜

【講師】
株式会社明治 研究本部 研究戦略統括部 研究戦略部 研究戦略G長 博士(工学)
神谷 哲(かみや てつ)先生

「混ぜる」という操作は食品業界に限らず、多くの製造業の主要な工程であり、今後も無くなることのない重要な操作と考えられる。多くの研究成果よって、より良く「混ぜる」ために必要なファクターは明らかにされているものの、製造現場は常に「混ざる」「混ざらない」のリスクに頭を悩まされている。これは混ぜる対象の特性値が、製品もしくはリニューアル毎に都度変化し、運転条件や装置形状を最適化することに時間をかけられないことが悩みの一因と考えている。CAE技術が進歩してきた昨今、食品業界でもCAEを身近に使えるようになってきた。本講演では、食品業界におけるCAEの活用例をいくつか紹介し、リスク低減ならびに検討時間短縮に効果のあった、装置の性能評価、製造時間や物性変化を考慮したスケールアップ、さらには装置形状の最適化例について述べる。

 

お申込み方法

 

参加ご希望の方はこちらのページから登録をお願いいたします。弊社でご登録内容を確認後、詳細をメールでご連絡いたします。

※当セミナーは完全予約制、定員制です。
※当セミナーは弊社のお客様限定となっております。同業他社の方のお申込みはご遠慮ください。



お問い合わせ

 

プライミクス株式会社 パブリック・リレーションズ
E-Mail. info@primix.jp
営業時間 9:00〜17:30(土日祝祭日休み)

 

Mixing Vision(ミキシングビジョン)は、企業で研究や生産に携われている方や大学教授など攪拌技術に精通されている方をお招きし、研究成果の発表や攪拌理論のプレゼンテーションをしていただいている技術講演会です。1975年にミキシングサロンの名称でスタートしました当セミナーは今回で第22回目となります。

 

プライミクス株式会社ホームページトップへ

 

Copyright 2020 PRIMIX Corporation. All Rights Reserved.